スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対に負けられない

ラパスから20時間バスに揺られ「ルレナバケ」にたどり着いた。

ルレナバケ・・・最高!!

何より温暖な気候が素敵。湿度が素敵。
半袖短パンでいける。許されるのなら全裸でもいける。
最近寒い所ばっかだったので、それだけでテンション上がります。

ルレナバケからは2泊3日でジャングルに行って来ました。
全体の感想としては、ジャングル最高!!

初日は大雨の降る中、3時間ジープに乗って、
そこからボートに乗ってジャングル奥地を目指しました。

ジープの中で一緒に参加した方々からビールを勧められ、
調子こいて2本ほど飲んでしまったため、
ボートの上で小便を我慢するはめに・・・。

間違いなくこの旅一番の我慢。
男性の一番の利点である立ちションを封じる、
ボートというフィールドを完全に甘く見ていました。

てか、そんな長時間乗るとも思ってなかったし。
最初の30分くらいはまだ動植物を楽しむ余裕がありました。
30分を越えた辺りからでしょうか、焦り始めたのは。

このままではまずいと。
23才にもなって失禁なんてもう個人的な問題では無いと。
家族に、ハタ家に泥を塗る事になってしまうと。
許せない、僕のせいで親兄弟までが中傷されるのは許せない。

もはや、絶対に負けられない戦い。

遠ざかる意識の中、懸命に思考を集中した。
俺ならいける、乗り切れると。
この身体から一滴たりとも水分を出すものかと。

それとほぼ同時に万が一の不測事に備え、
何通りもの「言い訳」の作成も開始した。

さらにどれ位が時間が経ったのだろう、永遠ともとれる体感時間の後、
幸い雨が降っていたので「最悪、何とか誤魔化せそうだ」
そんな甘い誘惑に本気で心を許しそうになる自分が流石に怖くなり、
「途中でトイレ(陸)によって欲しい」
そうガイドさんに言おうと決心した・・・その時。

リス猿 発見!

DSCN0068.jpg


タイミング悪りーーーーーー!!!!!


おまえら今出てくんじゃねーよ!!
言い出せねーだろバカ!!
ほら見ろガイド、バナナとか用意し出したじゃねーか!!

このくだり完全に長くなるじゃん・・・
今トイレとか言ったら俺、空気読め無い奴になんじゃん・・・

・・・リス猿、ムカつく。

小さなリス猿達の可愛らしい仕草に、愛想笑いを浮かべ、
内心「あっち行けバカ!!」と連呼する。
リス猿より小さな自分がそこには居ました。

しかし何とか、本当ギリギリの所でリス猿の群れを離脱する事に成功。
あと一瞬遅かったらと思うと、今でも手に汗握ります。

その後、ボートを陸に付けてもらい、
我慢からの開放感と安心感に優しく包まれることと成りました。

無事放尿した事で、もう何も怖い物など無くなったのですが、
降り続いていた雨はいっそう激しさを増し、
動物さん達は完全に川と森に隠れてしまったようです。

宿に到着してからは特に何もする事は無く、
冷えた身体をのんびりと焚き火で暖めてから床に就きました。

翌日は良く晴れ、暑い一日となりました。
午前中から広大な湿地帯にアナコンダを捕まえに出発。

DSCN0108.jpg

序盤は「俺が一番に見つけるんだ」と意気込んでいたものの、
早々にめんどくさくなってしまい、昼寝を取る事に。

大自然の中、一時間程うとうとしたところに、
アナコンダをひっ捕らえた方々が戻って来ました。
見事な他力本願でミッションコンプリート。

DSCN0115.jpg

DSCN0116.jpg

遅めの昼食のあと、夕方からはピラニアを釣りに行きました。
参加したツアー客の中で唯一、ピラニアを釣り上げる事に成功!!

しかしその直後に調子こいて人差し指を食いちぎられる。

DSCN0148.jpg

ピラニア強し。指痛し。
やっぱ僕は調子乗っちゃダメだなと思いました。

その日は夕飯に釣ったピラニアを食べて、焚き火してから就寝。

名残惜しくも最終日。みんなで川で泳ぎました。
近くにピンクイルカが泳いでいたりして、めっちゃ楽しかった。
その後メシ食ってツアー終了。

DSCN0171.jpg

DSCN0102.jpg

ワニとかカピパラとか変な鳥とか、見飽きるほどたくさんいて、
ほんと楽しくて、良くはしゃいだ3日間でした。

ありがとうジャングル。
僕の子供の、そのまた子供の代まで、ずっとずっと残っていて欲しい。
この森は川は動物達は、大切な事を全部知ってるような気がするから。

どんなに本読んで勉強しても分からない事を、
一緒になって遊ぶだけで分かりやすく教えてくれる。
いつだって自然は人間よりも上を行く。そんな気がするから。

DSCN0155.jpg

DSCN0162.jpg
スポンサーサイト

盗難天国

最近、盗難に遭ってる人が多い。
すごい多い。

パスポートやらカメラやら財布やら、
ラパスではかなりの人がやられいるようです。
僕も一昨日やられそうになりました。
危なかった・・・

マジで困るって。
航空券とかパスポートとかホントに大事なんだから。
その辺ちゃんと分かってるんでしょうか?

取るならせめてキーホルダーくらいにしとけと。
もしくは文房具くらいにしとけと言いたい。
主犯格に言いたい。

でもこの町、盗難が多いくせして泥棒市が見あたら無いんです。
盗難が多い所には必ずと言っていい程、
その盗品を売る市場がある筈なのに。

そもそも盗品なんて欲しがる奴がいるから泥棒が増えるんだ。
安いのがそんなに嬉しいか、持ち主は泣いてんだぞ。
少しは考えろ、豚野郎どもが。

でも、何で無いんだよ泥棒市。
取ったら売らなきゃ溜まっちゃうでしょうが。

漁師さんだってそうでしょ。
釣った魚は売らなきゃ腐っちゃうでしょうが。

釣るのは自分が食べる分だけって人もいるけど・・・
こっちの泥棒もまさか、そっち派?エコ派?
エコ泥!?

いやいや、そんなはずねぇ!!騙されねぇよ!!
だって腐んないでしょ!?
iPodは腐んないでしょ!?

エコ派でも無いのに売りに出さ無いってことは。
収集癖?コレクターか!?
人のカメラとかiPodとか集めるのは趣味か!?

実に迷惑。

集めるならせめてキーホルダーくらいにしとけと。
もしくは女性の下着くらいにしとけと言いたい。
主犯格に言いたい。

そうじゃないなら、ほら、
その、あれだ・・・

あの・・・盗品を売って下さい。
人様のカメラとかiPodとか格安で売って下さい。

きっと、僕みたいな豚野郎がいるから、
泥棒が増えるんだろうなと思いながら、
自分だけは取られませんようにとビクビクするのでした。

写真はラパス近郊の「月の谷」から、
月には行ったことが無いですが、こんな感じなんだろうか。

DSCN0025.jpg

DSCN0019.jpg

仲間

こんばんわ、豚です。

ストライキに何度か引っかかりながら、
なんとかボリビアの首都「ラパス」に入りました。

ペルーほどストライキが多い国は初めてでした。
短期旅行じゃなくてホント良かった。計画立てられん。

途中、標高3855Mのプーノとコパカバーナを経由した。
富士山並に高い所なのに、海みたいに広いチチカカ湖が広がる、
不思議な感じのする所です。
浮島に住む子供達は純粋で可愛い限りです。

実は今、クスコで知り合った日本人達と行動してるんですが、
やっぱ一緒にいてくれる人がいるといいですね。
話し相手がいると楽しいし、何より安心感が違います。
日々だらしなく甘えています。

こんな豚野郎と仲良くしてくれる素敵な人達だから、
家畜としてでなく人として扱ってくれる人達だから、
サヨナラするのが切ないです。

独りの気ままさも好きだけど、僕はやっぱり、
独りで生きてくなんてできない人種なんでしょう。

ボリビア初日は皆でで久々に日本食を食べに行きました。
カツ丼。38ボリビアーノ(約500円)
10ボリビアーノでお腹いっぱいになれる物価を考えると、
凄い高いけど行ったりました。

うまかった~!!
おかんの餃子が食べたくなりました。

やっぱ僕は日本食が一番好きです。
てかカツ丼が好きだ。
カツ丼の雨に傘をささずに打たれたい。
そのままお風呂入らずに寝たい。
うん、そう思う。

ラパスは大きな町で、車がめちゃくちゃ多くて空気が汚い。
でもめちゃくちゃ露店が多いから、町歩きが楽しいです。

排気ガスに悩まされながら、
しばらくのんびりしようと思います。

CIMG6950.jpg

CIMG6962.jpg

CIMG7000.jpg

P6280705.jpg

CIMG7035.jpg

P6280781.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。