スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アユタヤ

大変お騒がせしました。
2日ばかり寝込みましたが、無事回復!
テロや空港占拠など貴重な情報もいただき、
大変助かっています。

でもとりあえず、カメラを修理することに。


アユタヤのカメラ屋さんに持っていったが、
ここじゃ無理だと言われ、いったんバンコクに戻ることに。

マジで何軒もたらい回しにされた後、
何とか修理できる所を発見。

しかし、2日ほどかかるとのことなので、
カメラを預け、今再びのアユタヤ。

さすがは世界遺産。

毎日、じっくり。
一箇所に2~3時間かけて遺跡を回る。

移動はもちろん自転車で。

アユタヤの遺跡には、とても重くて濃い
すごく力強いのに、どこか儚い空気がある。

これを歴史と言うのだろうか。


人工物なのに、なんだか命を感じる。

人々の争いや盗脱や蛮行で、傷だらけになりながら。
それでもそこに立ち続け。

やがて傷口に草木が芽生え、
そこに鳥や小動物が巣を構える。

雨風から彼らを守り、
かつて自分を傷つけた人間さえも、
優しさで包む。

まるで自らの子供のように・・・。


泣きそうになる。
もうこれ以上傷ついて欲しくない。

これからも永遠に、この安らかな時の中に・・・。

だからだろう、ここを訪れる人は皆、
この場所に敬意をはらう。

それは大げさな物ではなく、
自らの親を思う気持ちのように、
当たり前の敬意を。


ここには「仏教の神」と言うより、
「命の母」そんな物が存在する気がする。


~運良く難を逃れた写真から~
IMG_1918.jpg

IMG_1935.jpg

IMG_1953.jpg

IMG_1959.jpg

IMG_1961.jpg

IMG_re1971.jpg

IMG_1977.jpg


あ、そういえば。

タイという国がいくら高温多湿だからと言って、
俺が保湿を怠っていると思ったら大間違いだ。

たまに浴びるシャワーの後は必ず保湿クリーム。

クリームはもうマストアイテムだね。
プーさんにとってのハチミツのポジションだよね。

ただ、俺がプーさんのポジションだったら。

ハチミツは舐めたりせずに、
頭からかぶり、肌に刷り込むように使うだろう。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。