スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニート崩壊

ずっと逃げてきた、働くことから。

2年も前の事だろうか・・・
学校を卒業し、勤めだした映像制作会社を退職したあの日。

仕事を引き継ぎ、自分のデスクを片付け、
職場を後にしたのはまだ午前中だった。

通いなれた駅までの道、歩きながら見上げた空。
空ってこんなに青いのかって本気で思った。

ずっと憧れてた仕事だった、仕事内容は別に嫌いじゃなかった。
がむしゃらに働いて、めっちゃキツいけどやりがいも有った。

けど辞めた。

そこには、もちろん色んな理由があったけど、
諦めたって言ってもいいだろう。
でも不思議と悔しさも、後悔もなかったんです。

空が青くて、何だってできる自由な自分がそこにいて。
そん時は、それが凄い事で、何にも代え難い物に感じてた。
仕事をしてないと、ほんとに世界から少しずれてる感じかして、
そん時は、それがやけに嬉しかった。
バカみたいだけど本当に。

それから、バイトしたりなんだり月日は経って、
このブログを読んでいてくれた人は知ってるだろうけど、
旅に出た。
想像していた通り、めちゃくちゃに楽しかった。
色んな物を見て、色んな人に有って、色んな事考えた。

しかし、
帰って来て2ヶ月ダラダラと不毛の日々をおくり、
与えられた自由な時間の使い方も解らず。
あんなに青かった空もいつしか見慣れてしまい、
どこかくすんで見えてしまう。
豚野郎だ。

でもこんな豚野郎にも、やっと仕事が決まりました。
明日から、何だか急に忙しくなるんでしょう。
怖い。。。けどこれでいい筈。
もう十分過ぎるほど休んだから。

最初の仕事を辞めるまでを第一章、
辞めてから今日までを第二章とするならば、
明日からは第三章が始まる。

前途多難の匂いがプンプンする第三章ですが、
前のめりに頑張ります。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。