スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れの地

今朝は何だか、一段と青かった。

IMG_2265.jpg

ビーチを後にして、ジャングルを登る。

IMG_2292.jpg

ほんとエネルギッシュ。
汗だくになりながら1時間ほど登った。

すると、こうなった。

IMG_2284.jpg

びびった。
二つの海を一度に見るのは初めてだった。

写真を撮りまくった後、下山。
下りる方が怖い。

飯を食った後に近くにいた猫としばらく遊んでいた。

すると、こうなった。

IMG_2303.jpg

びびった。
この体勢の猫を見るのは初めてだった。


その後はずっと・・・、
浜辺に寝転んで、日が沈むまで海を見ていた。

太陽が海に沈もうと、その身を赤くすると、
今日最後の光を別れ惜しむように、
砂浜が黄金に輝く。

だから、僕も何だか切なくなった。

IMG_2374.jpg
IMG_2387.jpg

ここは毎日すごく楽しいし、快適だけど、
そろそろ潮時なのかもしれない。

そんな気持ちになった。


でも、インドはまだ騒がしいみたいだし、
次はどこに行こうかと考えていると、
ある場所が頭に浮かんだ。

「カンボジア・アンコールワット」

高校の時だったろうか?
確か兄の勧めで見た映画「地雷を踏んだらサヨウナラ」
その舞台となった土地だ。

そして、僕が生まれて初めて憧れた土地。

今回、航空券の都合上どうしても、
カンボジアへのルートが組めなかったのだが、
やはり、どうしても行きたい。

空路がダメでも、陸路が在るじゃないか。
ビザも無いけど、何とかなるだろう。

決めた。

次は国境を越え、カンボジアへ行こう。


てか、
毎日海水に入っていたお陰か、肌の調子が抜群にいい。
非常にナチュラル。

もはや「natural skin pig」

・・・正常な肌のブタ・・・って普通のブタか!!
「個性のかけらも無い、ただのニートの豚野郎」
そう言いたいんですか!?

まいった。それだけは避けたい。

一刻も早く、乾燥し直さねば。
スポンサーサイト

Comment

その調子で beauty skin pigをめざしてみたら?

猫、完全服従だね!!
それにしても空が青い・・・

カンボジアは私も行ってみたい土地だ!
気をつけてね。

覚えてるかな?
sulaで会ったyoshioです。
いい旅をしてるね!
写真もものすごくいいし!
帰って来た時に会えるのを楽しみにしてます!

■よしおさん
もちろん覚えてます!
出発前に新しいCAFEに顔出しに行ったんですが、
定休日でした。
まさか見てくれているとは・・・
感激です。ありがとうございます!
帰国したら必ず伺わせていただきます!

■真咲さん
無理だね!
バンコク戻ったら早速調子悪いし、
所詮は乾燥肌なんだと、再確認。

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。