スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇者と犠牲者と悪魔

ピンク!
IMG_2137.jpg
地球環境
IMG_2140.jpg
だる~ん。
IMG_2378.jpg


夜行バスでクラビーからバンコクに戻り、
カンボジアに行く手段を探す。

案外、あっさりと発見。
ビザも国境で金を払えばいいらしい。
明日の朝一で出発することに。

何とかなるもんだ。


安堵して宿に戻ると、ハプニング。

「バックパックを開ける鍵がねぇ!!」

車で言うインキーの状態だ。
しかも、僕は免許も無ければジャフにも入ってない。

あせってサブバックをあさると、
救世主が現れた。

万能ナイフ。
小型でドライバーやら栓抜きやらが一緒に収納されている物だ。

やるしかない・・・。

心を鬼にして削り始めました。
「痛いだろうが、少しの辛抱だ。我慢してくれ。」
そう言い聞かせながら。

一時間ほど削ったところで、腕力と集中力の限界が来た。
鉄って硬いんだね。

まだ半分しか削れてねぇ・・・。

囚人が脱走を図る際に、
食事の時間に配られる食器で、わずかな時間を使い、
毎日少しずつ牢屋の鉄格子を削る気持ち。
少し分かった。

休憩しようとベットに横になると、
枕元に発見してしまいました。

悪の元凶こと「鍵」を。

もう憎たらしかったよね、
その姿が何かふてぶてしかったよ。

「え?自分ずっとここにいましたけど?」

みてーな顔しやがって。この野郎。
「逆にインキーし直して、一生閉じ込めてやろうか!?」

そんな衝動を必死に抑え、
その鍵を使って無事に解決しました。


何とかなったけど、自分そういう所あるな。
と、再確認しました。

勇者と犠牲者と魔王
IMG_2402.jpg
スポンサーサイト

Comment

旅をエンジョイしてるね~☆

勇者に傷つけられた

犠牲者、哀愁あるね。

つーか死にかけてますね。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。