スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラクダのようになれ

ジョードプルから西に約250キロ。
砂漠の町「ジャイサルメール」にやって来た。

IMG_3349.jpg

IMG_3429.jpg

ここから2日間、砂漠の旅に出る。

早朝からジープに乗って町外れまで、
そこからラクダに乗り換えて砂漠地帯をひたすら歩く。

途中、ガイドのマリアが自炊してくれる。
慣れた手つきで火を起こし、手際よく昼食が出来上がる。
カレーも食後のチャイも美味しかった。

IMG_3466.jpg

長めの休憩の後、再び歩くこと約3時間。
何とか日没前に美しい砂丘に到着した。

早速、ラクダを降りて散策する。

砂を渡る風の中、ただ独り立っていると、
まるで別の惑星に来たような錯覚を起こす。

頭の中を強制的に白紙にされる。
絡まっている物がピンと伸ばされるように、
強引に心を揺さぶられた。

しばらくして、地平線に大きな太陽が沈んでいった。
赤く沈み込んでいく砂丘は、頼りない幻のように見えた。

IMG_3558.jpg

IMG_3497.jpg

IMG_3511.jpg

IMG_3522.jpg

IMG_3546.jpg

暗くなって来たので、マリアのところに戻ると、
彼はすでに夕食を作り始めてくれていた。

手伝いながら話を聞くと、
パキスタンとの国境まで20キロの所まで来ているらしい。
国境は物騒なのでこれ以上は近づきたくないと言う。
もちろん。僕も拉致られるのは御免なので、承知する。

食事の後、マリアが気を利かせてビールを用意してくれた。
さすがに別料金だったが、久々の贅沢を堪能した。

その日は砂丘の上、満天の空の下で野宿する。

気温は一気に下がり、夜の砂漠は別世界とかす。
寝袋とブランケットにくるまって星空を見ていたら、
いつの間にか眠りに落ちた。

翌日は日の出とともに起床。

朝食とチャイを貰い、後ろ髪を引かれる思いで砂丘を後にし、
再び何もない荒野をひたすら歩き、夕方近くに町に戻った。

IMG_3456.jpg

重い荷物と僕を背負って。
灼熱の太陽の下も、極寒の月明かりの中も。
文句も言わず、ただ黙々と歩く。

「ラクダのようになれ」

そう自分に言いたくなった。
スポンサーサイト

Comment

砂漠の写真、ナニ!?

Photoshopで加工してないんでしょ!?

スゲー!!

異世界!!!

■よっしー
いや~ホントすげーや砂漠。
屋外でするウンコも開放的で、どことなく嬉しそうに見えたよ◎

そこは

野グ○ソでさえ

神秘的なんだろうね。。


ってなんでやねん!


・・・・・・

今、

想像したけど

砂漠にティッシュとか

似合わないネ。

ほーんと写真上手なんだねーカンドー!
砂漠、なつかしーねー。。。私もあの後ものすごい体調壊してバラナシまでの移動中死にました、、、日射病だったのかな。これからもちょくちょくblogチェックさせて頂ます~楽しみにしてるので行く先々でアップしてね!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。