スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の中心にて

DSCN0959.jpg

後ろ髪を完全に引かれながら、
モアイこと、しゃくれ野郎どもに別れを告げ、
飛んで飛んで、オーストラリアはエアーズロックに来ています。

ついこの間だまで南米に居たとは思えない程の展開の速さに、
自ら組んだスケジュールに非常に戸惑っております。

・・・だって俺、オーストラリアのことなんにも知らないもん。

エアーズロックって「世界の中心で愛を叫ぶ」で撮影したとこでしょ?
俺ホントにそんくらいの知識しかないよ?
いいのか?本当にそんなんでいいのか?

ガイドブックも何も無いのに、ろくに情報収集もしなかった愚かさを、
遅ればせながら、空港にて気付かせて頂きました。

まず何処に行きゃいいのかすら、さっぱり分からん。
大好きだったあの子の気持ちと同じくらい分からん。
すごい迷ったよ。
世界の中心で何を叫ぶべきか。
愛してる。でもまさかね。・・・そんなこと言えない。

しかし、いかんせん空港でそんな乙女気分に浸ってる余裕は無いので、
インフォメーションにすがり付いて叫びました。

「助けてくださーい!!助けてくださーい!!」と。

森山未来ばりに叫びましたよ。空港で。
畑山未来くらいにはなってましたよ絶対。意味分からんけど。

とはいえ渾身の畑山未来のおかげで、
何とか宿を教えてもらうことに成功し、腰を落ち着かせる事ができました。

寝る場所が決まったところで早速、
ウルルとオルガと呼ばれる、バカでかい一枚岩を見に行ってきました。
アボリジニの聖地だけあり、どこか厳かな空気感が漂っている。
周りを歩くのだけで3時間もかかる巨大さだ。

一緒に行ったオーストラリア人のトーマスが、
「僕はアボリジニの意志を尊重して、岩にも登らないし写真も撮らない。」
とか言い出したので、僕も登るのは止めておこうと思っていた。
登って欲しくない人がいるのに、わざわざ登る事もない。

車に揺られること15分程。
いざウルルに到着してトーマスを振り返ってみると・・・。

興奮したご様子で、写真バッシャバシャ撮ってました。

おいおい、俺ですらまだ撮ってないぞと。

アボリジニの意志、ト-マス完全に無視。

その日は強風の為、岩に登るのは禁止になっていたけど、
もし登れていたとしたら、トーマスは絶対に登っていたでしょう。
そして山頂で「瞳をとじて」を熱唱していたことでしょう。

危なかった危なかった。
紙一重の所でアボリジ二の意志が保たれたところで、
僕もやっと落ち着いて見て回ることが出来ました。

改めて歩き回って見ると、果てしなくでかい。

朝日を浴びて赤く輝くこの巨大な塊を前に、
これが世界の中心だと言われれば、
僕に否定する術はなかった。

DSCN0956.jpg

DSCN0931.jpg

DSCN1030.jpg

DSCN0923.jpg

DSCN0942.jpg

DSCN0966.jpg

DSCN0899.jpg
スポンサーサイト

Comment

おぅおぅ旅ももうすぐ終着駅ですかい。
日本では豚インフルが伊豆半島にも進出してきたよ! 残りの旅も体に気ぃつけて満喫しておいで~!

■サトエさん
ありがと~!
何で!?何で帰るときに伊豆来たの豚は!?

トーマスうける笑

おちゃめ!笑

いや、うん、でも興奮しちゃうよね-。


帰ってきたらのもう♪

エアーズロック登れなかったのは残念だったねー。
頂上でゼヒ、叫ばないと!!
夏に登った私は
「エアコンの効いた部屋で寝たいー!」
って、叫びそうになりました。

■真咲さん
呑む呑む!浴びるほど呑む!
そちらさんのおごりで呑む!

■鹿海さん
うん、そこは是非叫びたかった・・・!
働きたくな~い!!
って。誰よりも大きな声で。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

■なみさん
お~!!お帰り!!無事で何より◎
フランスは楽しかったか?
俺も小松さんに切ってもらわんと髪伸び放題だわ~◎
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。